ロゴ
HOME>クチコミ>弁護士依頼は費用立替制度を利用すると負担軽減できる

弁護士依頼は費用立替制度を利用すると負担軽減できる

バッジ

専門家に相談をすると、たいてい相談だけでも料金がかかってくるものです。そのため、費用の心配をして専門家に相談するのが遅れるという人もいます。弁護士事務所は相談料が初回無料なところもあるのです。

この話題の口コミ

弁護士にお願いしたら調停も早く終わることができました(30代|女性)

夫の仕事が忙しくなり、家庭を返り見ることが少なくなったことから、離婚を申し出ました。夫への愛情がなくなった訳ではありません。年齢も30歳を超え早く子供を作りたいと言う考えもあり、それを認めてくれないことから決心したものです。しかし夫側は、時間が欲しいの一点張りで、離婚の話が一向に進みません。大阪市内で調停にかけたのですが、調停委員が離婚を進めてくれる訳でもありません。そんなことから、最後の手段として弁護士に相談し、離婚話を進めてくれるようお願いしました。さすが弁護士と納得したのは、話の展開が理路整然として、何故離婚に踏み切るのかと言うことが、夫側にキチンと伝わったことです。夫婦間と言う当事者同士では、感情論が主になってしまい、話が進みませんでしたが、第三者に間に入ってもらうことで、無事離婚が成立しました。

国の制度を利用して弁護士費用負担も軽減できました(30代|男性)

若くして結婚したため、30歳も超えた頃になると人生観の違が大きくなり、子供が出来る前に離婚をすると言うことになりました。妻の方から、慰謝料などの請求がありましたが、貯金なども少なく希望額には遠く及ばない生活状態でした。離婚話が上手く進まず悩んでいる時に法テラスと言う存在を知り、相談をしたところ、弁護士さんを紹介して頂き、離婚話もスムーズに進めることが出来ました。その時かかった費用は、大阪の法テラスを利用したことで、余分な金額も必要なく、更には立替制度を利用したことで、分割の支払いも認めてもらえました。弁護士費用は高いと考え、仕事を依頼することを諦めていたのですが、法テラスの存在を知ったことで、とても良い結果になりました。