ロゴ
>Column>税理士に確定申告の代行を依頼!期限間近でも迅速に対応

税理士に確定申告の代行を依頼!期限間近でも迅速に対応

計算

法人であっても個人事業者であっても、事業を行う場合に問題になるのは経理やそれをまとめ月ごとの利益や資金繰りを分析し計画することです。しかし、こうした専門職は雇用するには多額の人件費が必要になります。そこで考えられるのは、アウトソーシングです。これらの経営分析に限らず、一年分まとめて法人税、申告所得税、消費税などの確定申告だけでなく源泉所得税や印紙税にも通じた専門的な知識を持っている税理士に依頼するのが得策です。事業の規模にもよりますが、できれば、月に一回程度の記帳や分析をしてもらい、相談にのってもらうのが良いでしょう。当社では、これによって、従業員を雇用するより経費が掛からない上に、親身に記帳だけでなく諸々の相談にのってもらうことができ、安心して現場や営業に頑張れます。

税理士に依頼するのは、記帳や経営相談や確定申告だけではありません。企業にとって何が必要なのかを十分検討する必要があります。税理士と言っても得意分野と苦手な分野があります。顧問料の問題だけではありません。まず、各税金に精通しているのが理想ですが、それ以上に、税務調査において、正論を堂々と税務当局に主張できることが必要な場合が多いと聞きます。当社が以前依頼していた税理士は、税務調査で税務当局の指摘に対しほとんど意見することがなく、多額の追徴税額や当社の意に反した処理がされました。これに対し、社長は別の税理士に依頼することにしました。料金は多少高額でしたが、税務調査では税務当局の指摘に対し、堂々と反論し、追徴はされたものの当社が納得できる内容となりました。

電卓を持つ男性